お酒好きは注意!?アルコールが薄毛を引き起こす

お酒といえば、男性だけでなく女性も楽しむようになってきた嗜好品です。
仕事後の一杯や、ストレス解消として飲むお酒は楽しく美味しいものです。

そんな多くの人が楽しむお酒ですが、実際にアルコールによる弊害というのは色々とあるのが現状です。
その中でも、髪の成長に影響を与えるという事は、以外と知られていないのかもしれません。
薄毛に悩む人にとって、楽しみのお酒が原因であったという事は、衝撃の事実とも言えるでしょう。

アルコールは摂取すると、肝臓で分解されるという事は、知られていますが。
ただ、大量のアルコールを摂取した場合、アルコールの成分が髪の成長に必須であるアミノ酸を使って分解を起こすため、髪にとって必要な栄養が使われてしまうという事態になります。

髪の成長には欠かせないのがたんぱく質成分であり、アミノ酸はたんぱく質を作るのに非常に重要な役割を果たします。
同じく、肝臓におけるアルコールの分解にも、その力が必要となる事から、システインやメチオニンという物質が働くようになります。
そこでアルコール成分が大量にあると、分解するのにアミノ酸も大量に必要となる事から、本来、髪の栄養として使われるはずの分を消費しきってしまうという事態に陥ってしまいます。

さらに、アルコール摂取によって肝機能の低下を招き、髪にとって必要な栄養素の吸収率が悪くなります。
髪にとって必要なビタミン各種、カルシウム、マグネシウム、葉酸、亜鉛などが、正常に吸収されない状態が続くと、髪や頭皮に栄養不足を招きます。
結果的に髪の成長を止める事になり、薄毛の原因となります。

これらの栄養素の阻害が薄毛を招く理由は、髪を育てる毛母細胞に関係があります。
毛乳頭の周辺にある毛母細胞は、毛乳頭から栄養や酸素などの髪にとって必要な成分を受け取り、細胞分裂を起こす事で髪を作り出しています。

毛乳頭が、毛母細胞に酸素や栄養を送る働きをするのが血液です。
その血液の流れをスムーズに運ばせるために必要なのが、ビタミンです。
葉酸は血液を作り出す元となり、たんぱく質の合成にも必要となります。
同じく、亜鉛もたんぱく質を構成する上で重要な役割を持ち、実際に亜鉛が不足する事は髪の成長にも良い事ではありません。

アルコールを摂取すると、その成分は肝臓で分解されますが、その分解時にアセトアルデヒドという有害物質が発生します。
ただし正常な場合は肝臓で処理され、無害となるので問題はありませんが、大量のアルコール摂取の場合、このアセトアルデヒドの分解がしきれない状態となります。

分解しきれないアセトアルデヒドは有害物質の状態で、血液に乗り身体中を巡ります。
その結果、身体のあちこちに害を及ぼすようになってしまいます。
さらに、アセトアルデヒドはジヒドロテストステロンというホルモン物質を増やす力があります。
このジヒドロテストステロンは、抜け毛ホルモンとも言われており、髪の成長に害を及ぼす作用があります。

アルコールの飲みすぎは薄毛の原因になる

アルコールは、肝機能の分解や解毒作用を低下させ、髪の成長に必要なたんぱく質の合成に欠かせない栄養素を阻害し、抜け毛ホルモンであるジヒドロテストステロンを増やします。
これだけの原因だけでも、抜け毛や薄毛の原因となりますが、アルコールの糖分にも問題があります。

糖分は、過剰摂取すると血液に糖が巡ってしまい、血中の脂質が増える事になります。
それによって皮脂の分泌が過剰となり、皮脂が毛穴を塞ぐ形となります。
この皮脂の詰まりによって、成長すべき髪が毛穴から出る事が出来なくなる状態になってしまいます。

また、アルコールの食欲増進効果によって、アルコールの糖分だけでなく食事からの糖分もプラスされ、肥満などの疾患に繋がっていきます。
肥満によって代謝が悪くなり、血流も滞る事で頭皮に栄養が行き届かない状態にもなります。

薄毛を改善するためにも、過度のアルコールは避けて肝機能の低下を防ぎ、効率良くビタミン類を吸収させ、しっかりと睡眠を取ることで、成長ホルモンの分泌を促すようにしていくのが理想的です。
この成長ホルモンは、髪の育成には欠かせないホルモンであり、代謝やたんぱく質の形成などにも関わりがあります。
髪だけでなく、身体にとっても成長ホルモンは重要な役目を担う事から、十分な睡眠が必要となります。
睡眠中にしっかりと分泌を促し、良い働きが出来るようにしましょう。