女性にも起こるAGAの原因とは

薄毛は男性に起こるものとされてきましたが、最近では女性にも発症しているかたも増えています。
女性の薄毛の原因は頭皮環境の悪化やダメージ等が多かったですが、中には男性特有のAGAによる薄毛を生じていという方もいます。

AGAは男性ホルモンの一部が毛髪の成長抑制に働きかけてしまうものであり、女声は男性ホルモンよりも女性ホルモンの方が多いため起こらないとされてきました。
しかし様々なことがきっかけでホルモンバランスが崩れてしまい、AGAを起こす結果に至ります。

ホルモンバランスの崩れの原因としてはストレスや加齢が大きいとされています。
ストレスに関しては自律神経系に作用してしまいます。
女性ホルモンは非常に繊細であり、様々なことがきっかけでバランスを崩してしまいます。
それは精神的要因でも起こってしまうことと、きっかけとしてはストレスが特に多いと言われています。
そのためストレスを溜めないことが大切となります。

加齢に関しては女声は年々女性ホルモンの分泌量が減っていき、閉経の後は特にその量も落ちてしまいます。
髪の毛は前髪からつむじにかけては女性がその大きな働きを担っているため、その働きが不十分となり、薄毛に至ってしまいます。
加齢は避けることが出来ないことからも他の部分で体をメンテナンスしていき、予防に取り組むことが大切となります。

女性のAGAの原因はホルモンバランスの崩れであることが多いですが、加齢やストレスがそのきっかけとなります。
しかし他にも様々な部分でAGAを促進させている可能性もあるため、自身の状態を見直すことも求められます。

ストレスはホルモン以外にも体のコンディションを崩してしまうこともあります。
その結果、度重なる髪型のセットやカラーリング等で頭皮環境の悪化が生じてもなかなか回復せずに薄毛になりやすい状態に陥ってしまうこともあります。
また体質的に男性ホルモンの働きが盛んな方もいます。
体質を大きく変えるということは根気と努力が必要ですが、努力次第では本来の女性ホルモン優位の状態に整えることも可能となります。

薄毛によって出来る髪型にも限りが出てきます。
しかししっかりと体をケアしていき、頭皮環境のみならず体内からも取り組みを行っていくことで対応は可能と言えます。
それにより髪型の幅も広げていくことが出きることと楽しみも増えていきます。
紙の毛は特に女性には重要なバーツとも言われてあることからもしっかりとケアしていくことが求められます。

出産によって引き起こされる女性のAGAとは

AGAはホルモンバランスの崩れで起こることが多いですが、特に出産後にも起こってしまうこともあります。
妊娠中は特に女性ホルモンの分泌も盛んになりますが、出産後は徐々にその量も減っていってしまいます。

妊娠中の一定期間の間に女性ホルモンは急激に増えていき、その後は減っていくことからもバランスを損ないやすく、それがきっかけでAGAを引き起こすこともあります。
しかし出産後に減っていく中でも元々の分泌量以下になるということは少ないです。
そのため妊娠前に体質が男性ホルモン優位でない限りは発症するケースは稀と言えます。

また男性ホルモン優位の人に関しても妊娠をするなかで一時的に分泌量が増えた状態になります。
そのため体はそれまでの分泌量を越える量を分泌するため、その後も分泌がしやすくなる傾向があります。
その事からも出産後は自然と女性ホルモンの分泌が減ってしまうため、自然と髪の毛も抜けやすくはなります。
しかし男性のように極端な状態にまて至ることは非常に少ないことと、自然に回復していくケースがほとんどです。

その事からも妊娠と出産に合わせて一時的にAGAのような症状を引き起こすことはあります。
しかしその後も適切に対応すれば問題はありません。