薄毛とAGAが加齢で起こるメカニズムを知ろう!

頭髪を気にする中年男性

薄毛は、髪の毛のボリュームが不足して頭皮の一部が露出してしまう状態のことで、男性ホルモンの作用が密接に関係しているために、男女での発症頻度にはかなりの差異があります。
具体的には、男性は約30パーセント、女性は約10パーセントと考えられています。

男性の薄毛はM字ハゲや河童ハゲと表現されるように、発症する部位が生え際から頭頂部にかけての部分に集中するのが特徴です。
これは、この部分の毛根内部に男性ホルモンのテストステロンを薄毛の原因物質DHTに変換する還元酵素が存在しているからです。
テレビのコマーシャルでもおなじみのAGAは、このDHTが原因の脱毛症のことです。

なお、AGAは男性ホルモンのテストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降に徐々に発症します。
日本人男性では20歳代の後半から30歳代にかけての時期に著明になるのが一般的で、その後発症頻度は加齢に伴いどんどんと高くなっていきます。
具体的には、20歳代では10パーセントに過ぎなかった発症頻度が、30歳代では20パーセント、40歳代では30パーセントと高くなり、50歳代以降は約半数の40数パーセントにまで達することになります。

このように加齢により発症頻度が高くなるということは、AGAは老化現象の一種ということを証明しています。
ただし、全ての人がハゲてしまうというわけではありません。
何故なら、AGAは加齢とともに遺伝だ密接に関係しているからです。
特に、母方から受け継ぐ男性ホルモンレセプター遺伝子の多型が鍵を握っていると考えられています。

何故なら、この遺伝子を受け継いでいる場合は、生え際から頭頂部にかけての毛乳頭細胞内位存在している男性ホルモン受容体のDHTに対しての感受性が高くなります。
効率的に結合することにより脱毛因子のトランスフォーミング増殖因子を大量に誘導してしまうからです。
この脱毛因子は、ヘアサイクルにおける成長期を退行期や休止期に切り替えるという作用を発揮するので、髪の毛の寿命が短くなってしまいます。

このAGAが発症すると短い毛や細い毛が多くなるメカニズムによって、該当部位の髪の毛が長く伸びなくなり軟毛化と呼ばれる状態となります。
医療機関で行われるAGA診断では、家族歴や薄毛の経過などを問診により調査すると共に、拡大鏡などを用いた視診により髪の毛の抜け方が確認されます。

このように医療機関で診断される理由は、AGAであれば原因物質の生産を抑制するというアプローチにより、進行を防止することが可能となっているからです。

加齢とともに男性ホルモンが増えると薄毛になる

AGAは、生え際から頭頂部にかけての部分が薄毛になる一方で、側頭部や後頭部の髪の毛は最後まで黒々とした状態を保っているケースも少なくはありません。
このために、髪の毛の抜け方と共にハゲ方による診断が可能です。

なお、このように特徴的な形の抜け方やハゲ方になってしまうメカニズムは、男性ホルモンのテストステロンを変換する還元酵素の種類に違いがあるためです。
生え際から頭頂部にかけての部分には5α-reductaseのII型があるのに対して、後頭部や側頭部にはほとんど存在していないためにDHTによる影響を受けることはありません。
このために、美容クリニックなどの医療機関で実施される自毛植毛という薄毛治療では、後頭部の毛根組織を採取して薄毛部分に移植します。

なお、AGAが年齢を重ねるにつれて発症頻度が高くなるメカニズムは、悪玉男性ホルモンのDHTの影響力が増加するためです。
これは、テストステロンの分泌量が低下するためでもあり、40代以降に特に顕著となります。
最終的には、生え際が後退して頭頂部までの髪の毛が全てなくなる状態にまで進行するので、早めの対処が必要となります。
現在医療機関で実施されているAGA治療は、II型5α-reductaseの酵素活性剤を用いて、原因物質のDHTの生産量を抑制するという内容です。