薄毛治療薬の本当は怖い副作用

もしも頭髪の抜け毛や薄毛を発症したならば、それぞれの症状にあった適切な薄毛治療や対策を実施することが不可欠です。
このタイミングが早ければ早いだけ改善の見込みや完治するまでのスピードも速くなり、これが遅くなると徐々に毛包が縮小し、改善までの道のりも遠いものとなります。
まずは薄毛治療専門クリニックなどを気軽に受診してみることで、自分の頭髪の状態をしっかりとチェックしてもらうことから全てが始まるでしょう。

とりわけ薄毛の原因として注目を集めるものの中にAGAという病気があります。
男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応して頭髪の成長サイクルが乱れるこの病気ですが、専門病院にて医師から処方してもらう治療薬を用いると、その効果によってこれらの症状を抑え、薄毛を改善する事が可能となります。

ただし、治療薬を使う際には注意すべき点もあります。
それが薬の副作用です。
頭髪が抜け落ちるのを防ぎ、正常な成長サイクルを取り戻す代わりに、他の機能に何らかの支障をきたす場合があります。
経過を観察した上でもしも何か問題があるようであればすぐに医師に相談しなければなりません。

例えばAGAの治療薬として日本で最も処方されていると言っていいプロペシアはフィナステリドという成分を配合した特効薬です。
プロペシアを服用するにあたってはこのフィナステリドの影響によって男性ホルモンの働きが変化する場合があります。
例えば必要な時に性器がきちんと機能しなくなる勃起不全や、あるいは性欲減退によってなかなか性行為を求める気持ちが湧き起こらなくなる場合があります。
これらの性欲減退や勃起不全といった副作用は夫婦や恋人との夜の営みに関係してくることもあり、きちんと事前に話し合っておくことも大切です。
さらにプロペシアはやはりフィナステリドの成分によって肝機能障害や倦怠感を引き起こすこともありますので注意が必要です。

またAGAや薄毛の治療薬として知られるミノキシジルという塗り薬も副作用をもたらすケースがあります。
ミノキシジルを用いると毛細血管が拡張されるので血圧が急激に下がります。
これによって心臓や血管に負担が加わる可能性もあるでしょう。
そしてミノキシジルは血流を改善することで血巡りが活性化するあまり、かゆみや発疹、ニキビなどが生じたり、また全力疾走した後のような息切れや倦怠感、それらが性欲減退に繋がったりすることもあるので注意が必要です。

体質によっては治療薬の使用継続は控えよう

多くの副作用に関しては少々の症状が現れても黙って使い続けて良いケースも多いものです。
ただし使い人の体質によってはこれらの少々の変化を見過ごして使い続けると副作用が悪影響を及ぼしてリスクを抱えてしまう場合もあります。

例えばプロペシアに関しては薄毛治療専門クリニックでの最初の血液検査などでその効果を確かめてから使用をスタートします。
以前よりEDなどの症状を抱えている人は勃起不全や性欲減退の症状がさらに悪化することもあるので注意しなければなりません。

それにプロペシアやミノキシジルに共通する倦怠感をそのまま放置しておくと鬱などの精神的な症状を引き起こす可能性もありますので、何らかの症状が出た場合には医師に相談して指示を受けることが大切です。
さらに薄毛治療専門クリニックでは最初の血液検査で肝機能に関するチェックも行いますが、もしも元々肝機能に問題がある人がこれらの治療薬を使い続けると薬を分解、吸収できずに問題が発生してしまう恐れがあります。

さらに低血圧症の人がミノキシジルを使用すると血圧が下がりすぎて血管や心臓にダメージが及ぶこともあり、最悪の場合には死に至る可能性もないとは言い切れません。
これらの体質に該当する人はしっかりと気をつけなければなりません。