遺伝的なAGAのメカニズムを解説

男性の薄毛の大部分を占めているAGAという症状は、男性ホルモンの一種テストステロンが変化したDHTという物質の作用が根本的な原因です。
具体的には、この物質が毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターという受容体と結合することにより、脱毛因子の TGF-βなどが誘導されてしまいます。
通常であれば数年間は続く頭髪の成長期が半年から1年程度にまで短縮されるので、太く長く成長することなく抜けてしまうようになります。

ちなみに、DHTの生産に関与しているII型の5α-reductaseは、生え際から頭頂部にかけての毛根の内部に分布しています。
このために、AGAの薄毛はこの範囲内に集中するのが特徴で、M字ハゲや河童ハゲと呼ばれるような状態が見受けられることになります。
基本的には単なる生理的な現象で、寿命が縮むというような心配は全くありません。
ただし、見た目は大きく変貌してしまうので、異性からの評価は厳しいものになってしまいます。

なお、AGAの発症率は日本人男性全体では30パーセントで、20代は約10パーセント、30代は約20パーセント、40代は約30パーセント、50代以降は40数パーセントと年齢を重ねるにつれて高くなっていきます。
これは、AGAが老化現象の一種であることを示していますが、高齢者でもふさふさした状態をキープしているケースは少なくはありません。
つまり、加齢だけが原因ではないということです。

それでは、加齢以外AGAの原因は何かというと、父親と母親から受け継ぐもの、つまり遺伝です。
具体的には、アンドロゲンレセプターのDHTに対する感受性が決め手となると考えられています。
何故なら、この遺伝子を受け継いでいた場合はアンドロゲンレセプターとDHTが効率的に結合するので、脱毛因子が大量に誘導されることになるからです。
すると、広範囲の頭髪の成長が阻害されることになり、AGAの進行が速くなることになります。

また、これに加えて5α-reductaseの分量も遺伝により決定される項目で、これを受け継いでいた場合はDHTの生産量が多くなるので、アンドロゲンレセプターの感受性と共に発症を左右する重要なポイントとなります。
ちなみに、これらの遺伝子を両方受け継いだ場合は、DHTの分量が多い上にアンドロゲンレセプターと効率的に結合するということになります。
つまり、通常よりも薄毛が発症しやすい上に進行も速くなるので、若ハゲと呼ばれる状態となります。

父親?母親?どっちの影響がAGAには関係している?

AGAの発症に関与している特に重要な遺伝子は、アンドロゲンレセプターのDHTに対する感受性を決定する男性ホルモンレセプター遺伝子の多型です。
これは、X染色体の遺伝子配列上にあるので、母親から受け継ぐことになります。
つまり、母親の父親がAGAの場合は発症する可能性が高いということです。

一方、AGAのもう一方の原因となる5α-reductaseの分量は、父親と母親の双方から受け継ぐ遺伝子配列上にあり優性遺伝により受け継ぎます。
このために、母方の祖父がハゲていないからといって、必ずしも大丈夫というわけにはいかないということになります。
何故なら、アンドロゲンレセプターのDHTに対しての感受性がイマイチであっても5α-reductaseが大量に生産された場合は、一部が結合してしまい脱毛因子が誘導されてしまうからです。

それでは、このように遺伝子配列により左右される症状に対してどのような対策をとれば良いのかというと、現在ではDHTの生産量を抑制するという方法が基本です。
具体的には、5α-reductaseの活性を阻害するというもので、これによりテストステロンがDHTに変化するのを防ぐことになります。
この対策の利点は、テストステロン自体が阻害されることはないので、健康に対しての悪影響が及ばないということです。
なお、この対策はAGA治療を行っている医療機関で受けることができます。