AGAは何科?病院選びであなたの毛量が変わる

AGA治療を行っている医療機関は、皮膚科、AGA専門外来、整形外科、内科などがあります。
AGAの原因が皮膚炎などの皮膚のトラブルにある場合には、皮膚科への受診をおすすめします。
そうでない場合には、AGA専門外来を受診すると良いでしょう。
皮膚科ではAGAの診療を行っている場合とそうでない場合がありますので、皮膚のトラブルが原因とみられる場合には、AGA診療を行っている皮膚科を探すことがポイントです。
自分がどのような原因でAGAになっているのか不明な場合には、始めから専門外来を受診することをおすすめします。

検査は、通常、遺伝子検査が行われます。
毛髪、血液、爪、口内粘膜を採取してDNAを調べる検査です。
遺伝子の塩基配列を見て基準値の38よりも少ない場合にはAGAのリスクが高く、38よりも大きい場合にはリスクが低いと判定されます。
自分の頭髪の状態が、既に、地肌が露出している場合には専門クリニックで発毛、育毛の治療が開始されます。
脱毛効果抑制や発毛効果のケアを行う治療です。
専門クリニックでは、毛母細胞にはたらきかけ、血流を増やして、健康な髪の毛を育てる栄養を行き渡らせるように治療を行っていきます。
処方箋を使用して治療を行う場合も多くあります。
症状に応じた治療を行っているクリニックでは、処方箋の他、一人一人にあったオーダーメイド処方をしているところもあります。
専門クリニックによって発毛の度合いが大きく変わる場合があるため、信頼のできるところを選びましょう。
専門クリニックでかかる一般的な相場は、月に15000円から30000円が目安です。
一般的な皮膚科の場合には月に4000円から12000円程です。

アンチエイジングを目的とした施術を行っている整形外科や内科では、AGA治療を行っているところがあります。
整形外科や内科で専門的に治療を行っている場合には、口コミや医師の話を直接聞き、自分にあった治療法をしてくれるかを判断することをおすすめします。
具体的に専門クリニックに行った際の診療の流れは、一般的に初回はカウンセリング、問診のみとなります。
初来院の場合は無料のことが多くあります。
問診票に悩みを記載し、提出をします。
治療の内容や方向性を問診票を見て説明を受け、治療費や注意事項の説明などを聞くことができます。

自分にあった治療法を行ってくれるかなど、幾つかのポイントをあらかじめあげておき、選び方の参考にしておきましょう。
複数の医療機関に行って比べてみるのも良いでしょう。

適切な医療機関の選択で発毛できるか決まる

発毛を促し、育毛を行うには、適切な医療機関を受診することがポイントです。
AGAの診療には、医療機関の他、育毛サロンなど民間のサロンがあります。
AGAと判断された場合には、医学的根拠に基づいた方法で施術を行っている病院での発毛、育毛の施術を受けることをおすすめします。
民間で行っているヘアマッサージやシャンプーなどは、AGA以外の理由で薄毛になっている場合に有効的にはたらきかけることができる場合がありますので、まずは自分の原因を知ることが大切です。
AGAかどうかを調べるには医療機関での検査が必要となりますので、まずは病院へ行きましょう。
医療機関の強みは、発毛ができるという点にあります。
抜毛の抑制だけでなく、発毛を促すことができるのは医療機関の特徴です。

適切な医療機関を選ぶ際には、カウンセリング時に治療にかかるおよその金額の提示をしてくれるという点があげられます。
自由診療は、費用が高額になる場合があります。
そのため、始めに方針と費用を提示してくれるところは安心して治療にのぞむことができるでしょう。
また、実績のあるところを選ぶのもポイントです。
オーダーメイド診療を行っており、無料のカウンセリングを行っているところ、そして無理な勧誘がないという点が、適切な医療機関の選び方です。
実績が多くあるところには、AGAに対するデータが豊富に蓄積されており、治療をするにあたって適切な方法を提示してくれる可能性が高くなります。

頭髪の状態は個人差があるため、一般的な処置のみをする病院を選ぶのは避けましょう。
また、無理な勧誘をするところは以後の診療内容も不安に感じる場合が多くありますので、避けることをおすすめします。
また、AGAの診療は基本的には通院をすることになるため、通いやすいところにある病院を探すのも専門クリニックのおすすめの選び方です。